パナソニックが宅配ボックスの効果を実証 再配達率が49%から8%に減少

2017年03月02日 09:51

パナソニックが宅配ボックスの効果を実証 再配達率が49%から8%に減少

パナソニックは先月24日、共働き世帯を対象とした「宅配ボックス実証実験」の中間報告を発表した。宅配ボックスを設置した家庭では再配達率が49%から8%に減少し、労働時間は約65.8時間、CO2は約137.5kg削減できた。

この写真の記事へ