マツダ、低環境負荷バイオエンプラ新意匠2層成形技術を開発。エコプロで発表

Mazda Bio_Engineering plastic

 マツダは、12月6日に東京ビッグサイトで開幕した、アジアを代表する環境・エネルギーの総合展示会「エコプロ2018」において、環境負荷を低減しながら、高い質感を実現できるバイオエンジニアリングプラスチ...

続きを読む>

2018年12月10日 06:47

業界初! ロームがPC と電源1 つで完結できるモータドライバ評価ツールを開発

RAGU

10年後の未来は、どんな世の中になっているのだろう。11月25日、2025年の国際博覧会(万博)開催地が大阪市に決定した。テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。万博は、世界各国からあらゆる最新技術...

続きを読む>

2018年12月09日 11:42

理研、個性発生の脳科学的機序を解明。人間味のあるAIの開発に期待

画・理研、個性発生の脳科学的機序を解明。人間味のあるAIの開発に期待。

 1987年、ニューヨーク市場でブラックマンデーと呼ばれる株価暴落があった。この原因の一つとして機関投資家の多くが同様のコンピュータ・シミュレーションモデルを使っていたため株価のわずかな変動にマーケッ...

続きを読む>

2018年12月07日 06:10

「ユーザー行動分析」、7割の企業で実施。未だ「効果測定は不十分」7割

画・「ユーザー行動分析」、7割の企業で実施。未だ「効果測定は不十分」7割。

 ITの進歩とともに事務の機械化は大きく進んだ。事務の機械化の中でもITの導入によって最も進化した分野はマーケティング広告であろう。ITマーケティングの普及は事務分野の業務をより戦略的業務にしたといえ...

続きを読む>

2018年11月29日 06:14

AI活用。「アナリティクスは複雑すぎる」7割。「従業員の理解・利用は困難」4割

画・AI活用。「アナリティクスは複雑すぎる」7割。「従業員の理解・利用は困難」4割。

 既に第2次IT革命と呼ばれるような大きな変革が世界の企業で進んでいる。それはAI、ビッグデータというコンセプトで議論される。AIを有効活用するためには膨大なデータの蓄積が前提となる。この膨大なデータ...

続きを読む>

2018年11月19日 06:28

「Wi-SUN FAN」が「Mbed OS」に対応。広範囲IoTネットワークの開発がさらに容易に

ローム1114

 11月12日、京都大学大学院情報学研究科の原田博司教授の研究グループと、株式会社日新システムズ、ローム株式会社の3者は、英Arm社の協力を得て、国際無線通信規格Wi-SUN FANに準拠したソフトウ...

続きを読む>

2018年11月18日 11:12

25年に市場規模4兆240億円?進化するスマートホーム。便利さと安全を守る最新技術

ローム1108

富士キメラ総研が10月26日に発表した「スマートホーム市場総調査 2018」によると、スマートホーム関連の国内市場は、2018年に前年度比4.8%増となる3兆936億円が見込まれており、25年には4兆...

続きを読む>

2018年11月11日 11:40

AI導入企業、「導入成功であった」44%。導入後の統制が不可欠

画・AI導入企業、「導入成功であった」44%。導入後の統制が不可欠。

 第四次産業革命とも呼ばれる産業界の大きな変革が進展している。この革命の中核となるのはもちろん企業のAI化であり、企業の様々な意志決定過程がIT化され、自動化されて行く。言わば企業戦略の機械化であり、...

続きを読む>

2018年11月06日 06:51

注目を集める次世代パワー半導体。高耐圧製品の登場で市場拡大に大きな期待

発電

 ハイブリッド自動車(HV)や電気自動車(EV)の普及に伴い、SiC(炭化ケイ素)やGaN(窒化ガリウム)を用いた次世代パワー半導体の需要が急速に伸びている。  富士経済の調査によると、2017年のパ...

続きを読む>

2018年10月28日 10:44

ウェアラブルデバイス市場。スマートウォッチ普及で拡大傾向

画・会社員の副業 企業の4分の3で認められず

 ITの進歩とは集積技術の進歩と言ってよい。そして集積技術の進歩とは小型化・軽量化のことだ。この小型化・軽量化がITを社会全体に普及させる主因であり、別の言い方をすれば情報機器のモバイル化だ。  現在...

続きを読む>

2018年10月26日 06:39