ホンダとGM、米に合弁会社設立。FCV用・水素燃料電池システム量産目指す

CLARITY FUEL CELL

 米ゼネラルモーターズ(GM)とホンダは、1月末に、自動車業界初となる先進の水素燃料電池(FC)システムの量産を行なう合弁会社設立を発表した。この新会社が生産する燃料電池システムは今後、両社が今後発売...

続きを読む>

2017年03月11日 08:01

進化する自動車軽量化技術。新日鉄住金に続き神戸製鋼所「ホットスタンプ」参入

Hot_Stamp_Prius

 自動車を軽量化する鋼板に新しい選択肢が広がる。加熱してプレスすることで強度が出る「ホットスタンプ(熱間プレス)材」と呼ばれる鋼板で、神戸製鋼所が新たにこの分野に参入した。  自動車の骨格を作っている...

続きを読む>

2017年03月04日 20:31

軽自動車にも各種センサーによる歩行者検知や衝突軽減ブレーキを採用、高齢者事故を防ぐ

Wagon_R FZ

 自動車メーカー各社が、軽自動車の安全装備を普通車並みに充実させる方向に動き出した。ホンダは上級車で搭載している最新の安全システムを軽でも採用する。スズキやダイハツ工業は歩行者にも対応した衝突軽減ブレ...

続きを読む>

2017年02月25日 19:34

3月12日の「改正道路交通法」では高齢運転者事故は減らない。75歳以上はMT車運転励行、左脚ブレーキ訓練必須

Japanese_Kourei_mark2

 ここ2~3年、テレビなどの報道で目に付く「高齢者ドライバーによる重大な人身事故」を含む交通事故のニュース。その多くの原因は、ブレーキペダルとアクセルペダルの踏み間違いという“単純な運転ミス”だ。ミス...

続きを読む>

2017年02月18日 14:53

ガラパゴスな軽自動車規格は、トランプ大統領の口撃ターゲットに。そんななか新型ワゴンR登場

Wagon_R FZ

 ガラパゴスな規格であることから、非関税障壁だと海外メーカーから指摘され、今後はトランプ米大統領から優遇税制撤廃の外圧・口撃が強まるとも予想される日本の軽自動車。  そんななかで、「軽自動車トールワゴ...

続きを読む>

2017年02月04日 21:28

理解し難い、トランプ米大統領が「日本の自動車市場は閉鎖的だ」と吠える理由(わけ)

2017 Honda Ridgeline

 日本自動車輸入組合(JAIA)の発表によると、2016年の外国メーカー車の暦年販売台数は29万5114台で前年比103.4%の伸びを示した。登録車に占めるシェアは9.1%と10%の大台も見えてきた。...

続きを読む>

2017年01月28日 20:46

ビール系飲料、国内消費「漸減」止まらず。ビール税一本化の影響は?

Beer_Japan_sales

 日本のビール大手5社が発表した2016年のビール、発泡酒、第3のビールを合わせたいわゆるビール類の国内総出荷量は、4億1476万ケース(1ケース:大瓶20本換算)となり、前年比97.6%だった。これ...

続きを読む>

2017年01月21日 20:16

ホンダが「シビック」国内発売を宣言。メジャーイベントとなった「東京オートサロン2017」で

Honda Civic

 かつて「チューンドカーの祭典」とも言われた「東京オートサロン2017」(会期1月13日~15日)が千葉県の幕張メッセで開幕した。そのイベントは初期のコンセプトと大きく変化し、国内だけでなく海外の大手...

続きを読む>

2017年01月14日 09:26

2017年、国内「ビールの定義」が変わる。麦芽比率67%以上から、50%以上へ

Beer Tax

 政府は昨年12月になって、2017年度の税制改正大綱を決定し、そのなかに酒税法改正が盛り込んだ。  酒税法改正の大きな柱は、ビール系飲料の税率一本化だ。ビール系飲料の現在の税金は、レギュラー缶と呼ぶ...

続きを読む>

2017年01月07日 19:08

2016年、ホンダ四輪車累計生産台数1億台突破、生産開始から54年で──

Honda_T360

 2016年末、ホンダから嬉しいニュースが飛び込んできた。同社の四輪車世界生産が「累計1億台」を達成したというのだ。  ホンダの四輪車生産は、1963年に当時の埼玉製作所(現、埼玉県和光市のホンダ和光...

続きを読む>

2016年12月31日 19:32