「買わない時代のサブスクリプション」が叫ばれる今、「つながり志向時代の住まい」を考えた

Aqura Home

 主催者も長い名前だと苦笑する「住まい手が参加する住まいと住環境づくりの意味と実践」研究会が、東京都内で、その研究会の名称どおりのシンポジウムおよびパネルディスカッション&トークセッションを開催した。...

続きを読む>

2019年03月24日 15:23

中古不動産市場活発。観光地が急浮上。トップは人口増の船橋市

画・中古不動産市場活発。観光地が急浮上。トップは人口増の船橋市。

 少子高齢化が進む中で住宅取引は頭打ち傾向で推移してきた。かつては新規住宅着工が日本経済の牽引役であったが今ではそうした現象は見られない。日本の住宅はもともと木造が中心であったが戦後木造以外の耐久性の...

続きを読む>

2019年03月20日 06:15

高齢化率トップの日本から、認知症予防に新しい希望。世界も注目するミツバチの力

画・認知症の継続介護。介護者自身の精神状態維持に不安、6割超。

 今、世界中の先進国で高齢化が深刻な問題となっている。中でも日本の高齢化は、アジアの中では群を抜いて高い水準となっており、欧米諸国と比べても、2005年以降はドイツやスウェーデンなどを追い越して、世界...

続きを読む>

2019年03月15日 19:18

教育費が年々増加傾向。「教育費が家計を圧迫している」6割半

画・教育費が年々増加傾向。「教育費が家計を圧迫している」6割半。

 少子化克服が国の重要課題の一つであることは今や言うまでもない。少子化による人口減少はマクロ経済を縮小させ社会保障制度の維持を困難にさせる。少子化は単にマクロ経済の問題だけでなく国民の幸福追求といった...

続きを読む>

2019年03月12日 07:00

プロポリスは認知症を防ぐ? 今、「ミツバチの恵み」が各方面で話題

オーガニック (1)

 今、ミツバチの力が注目されている。ミツバチといえば、まず頭に思い浮かぶのは「蜂蜜」ではないだろうか。蜂蜜は良質なビタミン類やミネラル類、アミノ酸や酵素といった栄養素を豊富に含んでいるうえにカロリーも...

続きを読む>

2019年03月11日 19:38

花粉症で「ひきこもり」5割超。有効な対策は室内での花粉対策

画・花粉症で「ひきこもり」5割超。有効な対策は室内での花粉対策。

 花粉症のシーズンがやってきた。花粉症というのは花粉を原因とするアレルギーのことだが北海道や沖縄を除いてほとんどの場合その原因はスギ花粉だ。花粉症というと春に症状が出やすいとイメージされるが、実はスギ...

続きを読む>

2019年03月10日 12:03

18歳、地方創生は成功していない4割。都市部の生活を希望6割

画・18歳、地方創生は成功していない4割。都市部の生活を希望6割。

 東京圏には日本の総人口の3割が集中している。昨年の人口動態調査の結果では日本の総人口が減少する中、唯一東京圏の人口は増加しており昨年1月1日現在で総人口の28.3%に達している。安倍政権は東京一極集...

続きを読む>

2019年03月04日 06:24

フォーミュラE、第4戦メキシコ。勝敗の分かれ目はエネルギー効率“電費”にあり

Formula E, Mexico City E-Prix 2019

 FIAフォーミュラE2018-2019「シーズン5」第4戦が、メキシコ首都メキシコシティ郊外のディルイーヤで2月16日に行なわれた。フォーミュラEは、FIA(国際自動車連盟)が主催する電気自動車の世...

続きを読む>

2019年02月23日 12:04

春だからこそ考えたい。子どもの豊かな心を育む、企業のCSR活動

2018大賞・小学生の部(低学年) (1)

 春が近づくと、入学や進学、就職など、新しい門出を祝うムードが高まってくるが、それはすべての人にとって明るい季節とは限らない。なぜなら、例年3月から5月は、一年の内で最も自殺者が増える時期でもあるから...

続きを読む>

2019年02月23日 11:21

事前シミュレーションで問題なし 育休明けの職場復帰

画・育休2年延長、74%の企業が「良い法改正」と評価

寒い冬が終わり、あたたかな春が来ると暮らしの環境の変化を経験する人も多いと思う。そんな変化の一つに育休上げの職場復帰という変化を経験する人も多いのではないだろうか。  またバリバリと仕事をするぞと燃え...

続きを読む>

2019年02月17日 14:49