急速に拡大する「AI投資」

2018年05月02日 06:01

画・急速に拡大する「AI投資」

AIの技術を応用した「AI投資」が新たな投資手法として注目を集めている。投資に関するアドバイスをAIから受け取ることができると期待されている。

 今日ほど「AI」という言葉を耳にする機会が多くなっている時代は他にはないだろう。それほど、様々なメディアでAIという言葉が紹介されているが、それだけ日常生活への導入が進んでいるということの表れと見ることもできる。そんなAIの新たな活用法として注目されているのが「AI投資」だ。これは、一言で言えば投資をAIのサポートを受けながら行うというもの。もともとAIに求められるニーズとは、高度な問題解決のための手法を提案してもらうというものであり、その意味では投資に対するAIへのニーズは大きなものがあるといえるだろう。

 これまでの投資スタイルといえば過去のデータや投資対象となるものを調査・研究したうえで最適な方法を考え出すというものが一般的だった。どんなに優れた投資家であっても、勝率が100%ということはなく、つまり絶対に儲かる投資などというものは存在しないということを意味している。それでも投資家の中には勝率が高いという人もいることから、勝てる確立を高める工夫をそれぞれの投資家ごとに行っているということになる。投資をしたいと考える人は資産運用として少しでも自身のもつ資産を増やし、利益を上げることを目的としていることから、勝率を高めるための手法そのものをビジネスとして販売している投資家も少なくない。

 それがAI投資というものの登場でどのように変わるのか、ということを考えた場合、多くの人が思うのは「投資で迷うことが少なくなる」ということではないだろうか。実際にAIのもつ可能性として、多くのデータを短時間で解析し、最適な一手を導き出すことができるというものがある。現に将棋の世界ではAIには人間は勝つことができないとまで言われており、これと同じことが投資の世界でもいえるのではないか、ということだ。

 実際にAIを利用した投資商品というものも増えている。こうしたAI投資では、たとえば株式投資においては銘柄選びに始まり、買いや売りのタイミングをさながらアドバイスを受けるようにAIの指示で受け取ることができる。銘柄選びができるということは、AIが株式市場の統計情報を把握し値動きを予測できるということになる。まさに膨大なデータを短時間で解析できるAIならではの大きな特徴といえるのではないだろうか。AIの技術は現段階ではまだまだ未完成であり、今後さらに成長していくといわれている。将棋の世界と同じように、投資の世界でも人間の投資家が及ばなくなる時代はもうすぐそこまで来ているのかも知れない。(編集担当:久保田雄城)