北海道新幹線開業でJR北海道が約100億円の赤字決算に

2017年05月15日 07:08

画・北海道新幹線開業て_JR北海道か_約100億円の赤字決算に

JR北海道が2017年3月期決算を発表。連結決算で経常利益103億円の赤字を計上。

 JR北海道が2017年3月期決算を発表。北海道新幹線開業効果が計上される初の決算となったが、連結決算で経常利益103億円の赤字を計上。当期純利益ベースにおいても148億円の赤字となった。

 連結ベースの経常赤字はJR北海道が連結決算公表以来初となる。また単体決算での経常利益は188億円の赤字であり、過去最大の赤字となっている。

 JR北海道では北海道新幹線が昨年3月に開業しており、増収効果が期待される一方で費用負担に懸念も生じていた。17年3月期決算では北海道新幹線の増収効果が49億円とされている反面、新幹線開業もあり修繕費の増加22億円及び減価償却費の増加63億円が計上されているため、実質的には北海道新幹線単体では現状赤字となっている。尚、全体の修繕費、減価償却費ともに過去最高額を計上している。
 
 北海道は昨年8月下旬の台風の来襲により、大きな被害を受けている。JR北海道も発足以来最大の被害を受けていることから、北海道新幹線以外の修繕費等も増加している点も、経常赤字転落の背景となっている。

 しかしながらJR北海道は、2018年3月期決算も単体の経常利益で189億円の赤字の計画としており、過去最大の経常赤字を更新の計画。連結ベースにおいても130億円の赤字計画となっており、赤字の継続及び赤字幅拡大が予想されている。

 相次いだ鉄道事故や不祥事の結果、現在JR北海道は経営再建の途上となっている。北海道新幹線はJR北海道再建の起爆剤と期待されているものの、札幌までの完全開業までは北海道新幹線は赤字継続が現実のものとなっており、厳しい経営を強いられているJR北海道は北海道新幹線開業によって、更に経営的に厳しい状況に追い込まれている。

 北海道新幹線の赤字が重くのしかかるJR北海道であるが、他JRのようなドル箱路線や本業をカバーするようなその他事業も存在しておらず、再建のための魔法は存在していない。JR北海道の再建は2030年が予定されている北海道新幹線の札幌開業まで、長期に渡り時間及び体力との戦いが続くと考えられる。(編集担当:久保田雄城)