ニュースカテゴリー

経 済

働く女性の金銭意識 女性達の注目対象とは

画・家計にゆとりを感し_ている世帯は約3割 若い世代の夫婦は年収増を予想

 時代と共に金銭的な意識は多少なりとも変化するものだ。バブル期にはお金を使う事が一つのステータスのようになっていたが、現代では打って変わって人々の財布の紐が非常に堅くなっている。お金に対する意識が変わればライフスタイルに [...]...

続きを読む>

2019年03月25日 07:11

中小経営者、後継者難で止められない。継承には「先代の思い」が重要8割

画・中小企業の働き方改革。「過重労働防止」が4割。「効果を実感」4割。

 少子高齢化の中で中小企業の経営者も高齢化している。高齢化した経営者が仕事を続けられなくなり後継者が見つからなかったために好調な業績にもかかわらず廃業を余儀なくされる企業も多いと聞く。M&Aなどにより企業が買収さ [...]...

続きを読む>

2019年03月24日 12:03

産 業

独ポルシェ、人気のミッドサイズSUV・カイエンに、流麗なクーペモデルを追加

Porsche Cayenne Coupe Ⅱ

 独ポルシェAGは、ミッドサイズSUV・カイエンにクーペモデルを追加して発表した。新型カイエンクーペのハイライトは、特徴的なリアセクションのシャープなライン、アダプティブリアスポイラー、独立した2座リアシート、そして標準 [...]...

続きを読む>

2019年03月24日 15:26

集合住宅もZEHの時代へ。日本初の全住戸ZEH分譲マンションが完成

積水画像

 日本のマンションが今、大きく変わろうとしている。住宅メーカーの積水ハウスが名古屋で分譲した国内で初めて全住戸でネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(以下、ZEH)基準を満たす分譲マンション「グランドメゾン覚王山菊坂町」が完 [...]...

続きを読む>

2019年03月24日 10:06

企 業

トヨタとスズキ、おもにインドにおける具体的な協業の進捗状況を発表

 2016年秋に電撃的な提携を発表したトヨタとスズキは、新たな協業について、具体的な検討に着手することに合意したと発表した。  次いで両社は、2017年2月6日の業務提携に向けた覚書締結以降、具体的内容の検討を続けてきた [...]...

続きを読む>

2019年03月25日 06:53

トヨタ博物館に実車が1台も無い新館「クルマ文化資料室」オープン

Toyota_Museum

 愛知県長久手市にあるトヨタ自動車の文化施設、トヨタ博物館では、2015年から開館30周年に向けて常設展示のリニューアルを順次進めてきたが、4月17日に新たに「クルマ文化資料室」オープンさせる。  同資料館は1989年4 [...]...

続きを読む>

2019年03月24日 13:06

テクノロジー

IoT市場。個人消費者で高成長。進む家庭のスマート化

画・IoT市場。個人消費者で高成長。進む家庭のスマート化。

 IoT(インターネット化された機器)はAI(人工知能)やビッグデータとならんで新しい時代のテクノロジーを表現する決まり文句になっている。主に企業などで用いられるAIなどと違ってIoTは企業での利用はもちろんのこと、既に [...]...

続きを読む>

2019年03月25日 07:17

「省エネ」誕生から半世紀。これからの省エネのカギを握るインバーターに宿る技術

画・エアコン

 「省エネ」という言葉は、1973年の第一次オイルショックをきっかけに生まれたと言われている。それから46年。言葉はすっかり定着したものの、実際のところ、省エネは半世紀前よりも進化しているのだろうか。  最も身近な「省エ [...]...

続きを読む>

2019年03月24日 11:23

政治・行政

「やらず、ぶったくり(強奪)」と志位委員長

 日本共産党の志位和夫委員長は24日、千葉県船橋市での街頭演説で協会けんぽの約2倍になる国保料の高額負担問題をとりあげ、同市を例に2019年度、船橋市では年収400万円の4人世帯で国民健康保険料(税)は4万円増え、38万 [...]...

続きを読む>

2019年03月25日 11:34

辺野古基地建設へ、埋め立て事業進めると防衛相

 岩屋毅防衛大臣は22日の記者会見で、沖縄県名護市辺野古での新基地建設のための辺野古沿岸埋め立て工事について、沖縄県の玉城デニー知事が安倍晋三総理と面会した際、1カ月の工事停止を求めたことに対しての受け止めを記者団に問わ [...]...

続きを読む>

2019年03月24日 08:54

その他

「買わない時代のサブスクリプション」が叫ばれる今、「つながり志向時代の住まい」を考えた

Aqura Home

 主催者も長い名前だと苦笑する「住まい手が参加する住まいと住環境づくりの意味と実践」研究会が、東京都内で、その研究会の名称どおりのシンポジウムおよびパネルディスカッション&トークセッションを開催した。  同研究会は、松村 [...]...

続きを読む>

2019年03月24日 15:23

中古不動産市場活発。観光地が急浮上。トップは人口増の船橋市

画・中古不動産市場活発。観光地が急浮上。トップは人口増の船橋市。

 少子高齢化が進む中で住宅取引は頭打ち傾向で推移してきた。かつては新規住宅着工が日本経済の牽引役であったが今ではそうした現象は見られない。日本の住宅はもともと木造が中心であったが戦後木造以外の耐久性の高い住宅が多く作られ [...]...

続きを読む>

2019年03月20日 06:15