重要性増す「原子力規制委員会の独立性」

EN-e_370_2

 中立・公正な立場で科学的根拠によってのみ原子力発電の安全性を確認する原子力規制委員会の役割が「すべての原発再稼動について3年以内に結論を出す」とする自民党の政権誕生によって、より大きな存在価値と独立...

続きを読む>

2012年12月22日 13:04

どうなる憲法改正と集団的自衛権の行使

EN-a_032

 第46回衆議院議員選挙は480議席(小選挙区300、比例180)のうち自民が294議席(237、57)、公明が31議席(9、22)と自公で325議席を獲得する大勝となった。  一方、民主は藤村修官房...

続きを読む>

2012年12月17日 09:33

山積の課題 どの政党に託す 衆院選あす投票

EN-a_036

 2009年総選挙の逆をいく選挙になるのか、民主が政権を死守できるのか。日本維新の会など自主憲法制定を公約に掲げる勢力が議席をどこまで伸ばすのか。  福井県に原発を多く抱える以上、近畿1450万人の水...

続きを読む>

2012年12月15日 11:12

苦戦選挙の焦りから不本意な失言

EN-a_043

 藤村修官房長官が衆院選公示後の7日に初めて地元入り。記者団から再度の地元入りの可能性を聞かれ「北のミサイルがいつ上がるかですわ。さっさと月曜日(10日)、あげてくれるといいんですけど」と語った。批判...

続きを読む>

2012年12月08日 11:00

憲法論議、国防軍是非 もっとすべき

EN-a_032

 東京電力福島第一原発事故の実態を踏まえ、原発依存からのエネルギー転換へ各政党が取り組みを公約し、今回総選挙の争点のひとつになっている。  日本未来の党の嘉田由紀子滋賀県知事は明確な原発ゼロの姿勢を打...

続きを読む>

2012年12月01日 11:00

野田総理の選挙相手は「自民」「自民」「自民」

EN-a_043

 今後の「日本の舵取り役」を決める「大事な国政選挙・衆議院選挙」が12月4日公示、16日投開票で実施される。衆議院の解散・総選挙を決めた野田佳彦総理は「近いうちの約束を果たす解散だ」と16日夕の記者会...

続きを読む>

2012年11月17日 11:00

教育のあり方を提起した田中文部科学大臣

EN-b_065

質の問題が最大課題の大学教育  「全国に大学が約800」「量より質」「学歴だけあっても」などなど、第3次野田改造内閣の、いわば看板大臣とも言える田中眞紀子文部科学大臣が2日の閣議後の記者会見中に発した...

続きを読む>

2012年11月03日 11:00

「なんなんだろうね」と言わせるな 野田総理

EN-a_027a

 「忙しくても、ひとつひとつ解決していくのであれば充実感もあるのだが」と自民党の石破茂幹事長。野田佳彦総理の対応にうんざり観が隠せない。苛立ちさえ見え隠れする。  「『近いうちとはいつか』から始まって...

続きを読む>

2012年10月20日 11:00

「結論ありき」の野田政権

EN-a_027a

 消費税増税、関西電力大飯原発再稼動、沖縄へのオスプレイ配備などなど、重要案件が次々決まる。「先送りしないで決める政治」という。  消費税増税、原発再稼動は国民世論を二分する重要案件だったが、野田総理...

続きを読む>

2012年10月13日 11:00

原発ゼロ社会へ 野田政権は本気度示せ

EN-a_027a

 野田政権は「2030年代に原発稼動ゼロを可能にする社会をめざす」としている。そのため「あらゆる政策資源を投入する」という。  一方で、それまでの間、安全性が確認された原発は重要な電源として活用すると...

続きを読む>

2012年10月06日 11:00

1 20 21 22 23 24 25