脳の活性化に有効な会話を脳血流量から判断 対話ロボットでの活用に期待

画.脳の活性化に有効な会話を脳血流量から判断 対話ロホ_ットて_の活用に期待

近年の研究で、使われなくなった脳機能は低下しやすいことがわかっており、会話などの知的活動が脳機能の維持にとって重要とされる。また、対話ロボットの登場により会話での話題選択がより柔軟に可能となったことに...

続きを読む>

2017年02月13日 08:54

NTTが「勝つための脳を鍛える」スポーツ脳科学プロジェクト発足

 スポーツでは「心・技・体」と言われるように、強靭でしなやかな「体」に加えて、身体を最適に操るための「技」、メンタル状態を自在にコントロールできる「心」が重要とされている。しかし、従来のスポーツ科学の...

続きを読む>

2017年02月11日 20:53

3Dプリントで皮膚が生成可能に 6年以内に最初の身体器官が作られる可能性

画.3Dフ_リントて_皮膚か_生成可能に 6年以内に最初の身体器官か_作られる可能性

 3D生体プリント分野の技術が急速に発展している。3D生体プリントでは生体から採取した細胞をポリマーやゲルなどで培養、組織をスキャンして形成した形状物上に移植して繁殖させる。これまでこの分野では、軟骨...

続きを読む>

2017年02月11日 19:42

Googleが日本語検索の品質を向上 「信頼性の低いサイト」の表示順位を下へ

画・Googleか_日本語検索の品質を向上 「信頼性の低いサイト」の表示順位を下へ

 Googleは2月3日、日本語検索における信頼性の低いサイトへの対策を発表した。検索結果の上位への表示を主目的とするサイトの順位を下げ、信頼性が高く有用な情報を提供する高品質なサイトを、より上位に表...

続きを読む>

2017年02月11日 09:20

企業のクラウドERPの利用動向 今後は急速に進む見込み

 ガートナー ジャパンは、日本におけるクラウドERPの利用動向に関する調査結果を発表した。  まず、クラウドERPの利用について、現在および5年後、10年後の状況を尋ねたところ、「ERPはクラウドでは...

続きを読む>

2017年02月10日 08:42

DVD1枚分の情報を約0.5秒で伝送 広大らが毎秒105ギガビットのテラヘルツ送信機の開発に成功

 テラヘルツ帯は、これからの高速無線通信への利用が期待されている新しい周波数資源である。国立大学法人広島大学、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)、パナソニック<6752>は共同で、シリコンC...

続きを読む>

2017年02月10日 07:58

対話ロボットを用いて高齢者の脳を活性化

 高齢者は人型の対話ロボットとの会話を好むことがわかっているという。近年の研究では、使われなくなった脳機能は低下しやすく、知的活動が機能維持につながることなどが報告されている。しかし、会話の話題が高齢...

続きを読む>

2017年02月09日 09:47

AIが糖尿病患者を支援 患者行動「受診中断」を予測

 糖尿病の患者数は近年増加傾向にあり、2014年における糖尿病の患者数は316万人に達しているという(平成26年患者調査(厚生労働省))。糖尿病は進行すると合併症等を引き起こし、QOLの低下や医療費の...

続きを読む>

2017年02月08日 08:47

脳内にある「やる気のスイッチ」とは

 認知症などの神経変性疾患、脳血管障害や脳外傷などの脳の障害では、いずれも高い頻度で意欲障害が認められる。いわゆる「やる気がない」という症状であり、リハビリテーションの阻害因子として患者本人のQOL(...

続きを読む>

2017年02月08日 08:22

AI普及団体「パートナーシップ・オン・AI」にアップル加盟でプレイヤー出揃う

画.AI普及団体「ハ_ートナーシッフ_・オン・AI」にアッフ_ル加盟て_フ_レイヤー出揃う

昨年9月にアマゾン、フェイスブック、グーグル(ディープマインド)、IBM、マイクロソフトの5社で発足した、AIの普及やベストプラクティス作成を目的とした非営利団体「パートナーシップ・オン・AI」のメン...

続きを読む>

2017年02月08日 08:08